長野県指定伝統的工芸品 「信州手描き友禅」

信州草木染友禅

 

『伝統技術に芸感を与えたい』

染匠 草木染め信濃友禅 絵師 

林部 貢一

(内閣総理大臣賞)

草木染友禅訪問着「竹林」

(長野県知事賞)

草木染友禅訪問着「秋映」


草木染め友禅体験教室

信州の空気と水で染め上げた自然の彩りが作品一つひとつから伝わってくる草木染めと伝統の手描き友禅染め体験教室です。

 

自然との調和と融合、伝統技術に芸感を与える染めと友禅。

自然に抱かれる幸福感を体験してください。

飯綱高原での体験風景
飯綱高原での体験風景
和装で参加 体験風景
和装で参加 体験風景

略歴

1942年京都市生まれ、京友禅師・林部壽峰(父)に師事、1972年独立。「天然染料による手描友禅研究」で独自の草木染友禅を確立。また、「セルロースへの草木染め研究」を重ね、木綿・麻・木工・和紙等植物繊維への、染着堅牢な加工技術を開発。

 

【主な受賞】

「長野県手描友禅新作展」友禅大賞、県知事賞

「信州染美展」染美展大賞、県知事賞

「全国染織作家協会展」新人賞

「全国繊維工芸技術展」全国繊維工業技術協会長賞

「全日本手工芸指導協会創立25周年記念展」

 内閣総理大臣賞

「第1回草木染めビエンナーレ国際公募展」

 グランプリ大賞

平成10年 長野県卓越技能者「信州の名工」に認定

平成21年 伝統工芸品産業振興会より

    伝統的工芸品産業功労者として表彰

平成23年 長野県推進

    長野県「ものづくりマイスター」認定

平成25年 厚生労働省推進

    厚生労働省「ものづくりマイスター」認定

 

 


繊細でやさしい草木染めの友禅 信州手描き友禅

”友禅”は、絹織物に手描きで繊細な模様を染め込む染色技法。華やかで格調の高い着物に使われます。筆や刷毛を使い、丹念に色をさして行く作業には、熟練の技術力と感性が要求されます。信州手描き友禅は、山野の草木を原料とする”草木染”の技法を、伝統的な友禅に取り入れたもの。色彩が豊富で美しく、しかも色あせしにくいと、高い評価を得ています。



©2018ふれ藍草木夢工房